c6ae298f.jpg






3月30日に発売された東方書籍の新作「東方文果真報」ですが本誌の内容から見るに続編がある可能性がかなり高いと個人的に予想しています。


 








※個人的な主観と想像が入っています。また情報提供して頂いた方の情報などからも推察しています。
本誌、及び情報提供者の方からお借りした情報は3月26日に発売されたコンプエース2017年5月号の情報です。詳しくは本誌購入、またはKADOKAWA様へ。




とりあえず続編がなんであると思うのよ、という方も多いと思うので考察を乗っけときます。
あくまで主観的な考えなのでご了承下さい。






キャプチャ


1、そもそも没週刊誌だから。
ということで没週刊誌だから正規の週刊誌もあるのではないか。という見方。
また、週刊誌なのだから没に関わらず何回か出す準備はしていたのではないかということ。









キャプチャキャプチャgg


2、第1回などの回数が表記されている企画が多い
本誌の中では色々な企画が記されている。
だがもしその企画を複数回やらないのだとしたらそもそも「第1回」などとは記載しないはず。
ということは複数回の準備があるので続刊があるのではないか。という見方。





3、ZUNさんの2軒目ラジオでの今年は今まで一番忙しい。みたいな発言。
東方憑依華や並行して制作されている未知の作品のことも多々ありますがそれだけで人生で一番忙しい年になるだろうか、もしかしてまだ書籍や雑誌の新作があるのではないか、という見方。
週刊誌だし早めに続編が来てもおかしくはない。





4、週刊誌が没になった稀神サグメについて射命丸が調査して記事にする節がある。
本誌のラスト付近で没になった原因の稀神サグメを射命丸が調査するという話がある。
これについては今回は解決せず、これからやってやろう、みたいな記載だった。その為にその調査結果をどこかで報告するのではないか、続編でそれをやるのではないか。という見方。
確かに記事にする可能性が高い表現だった以上はどこかでその記事がお披露目されるのだろう。






5、東方鈴奈庵、3月26日の49話で射命丸が自ら発禁した本に触れられている
ぶっちゃけ春河もえ先生が関わって来そうだと思った理由はこれ。
射命丸が小鈴に言った自ら発禁した本があるということ。
まずこの内容だが
明確にそれが文々春新報だとは触れられていなく、また本と言われていたため雑誌でもないその射命丸の発禁した本が実は文々春新報ではなく新しい新作の何かなのではないかという見方。
ただこれは稀神サグメがどういう風に東方鈴奈庵に関わっているか調査も必要なので判断が難しい。
勿論、文々春新報の可能性もある。

ここで鈴奈庵の関係で何かしら来るのではないかと思う。
現状、憑依華などを見る限りは春河先生は東方を離れたわけではなさそうなのでかなり期待してる。

何に期待しているかと言うともえ先生が書くやり取りの場面。
流石にまるまるは無いと思うが発禁した本についてのやり取り部分は書いてくれるのではないか。と思う。何せこの内容自体は東方鈴奈庵の中のものなのである。





6、そもそも10、20で幻想郷のスクープが終わる訳ない
まだまだ触れられていないキャラも多く、キャラ数に対してスクープは少ないと思える。
現実の話だがZUNさんもスクープには現実のネタを用いているということ、つまり現実でニュースが増える分、それだけネタが出来るということでもある。









以上、他愛ない考察でした。
情報を送って頂いた方、ありがとうございました。
まとめてみればこれで終わる気配はないと感じますが結局続刊が決まってる訳でもないのでなんとも言えません。ただやはり週刊誌としては当たり前ですが第1号、第1話などと記載されていますので続編のネタもあるのではないかと思うのが正直なところです。